2007年10月09日

JA共済の広告に出てきた丘って…

今日、書店で手に取った“週刊東洋経済”の生損保を扱った増刊号。その裏表紙にJA共済の広告がありました。丘の上に仲間由紀恵さんが立ってるんですけど、バックの風景で場所の見当がだいたいついてしまいました。

その判別ポイントは、分譲マンション(細かい…)。仲間さんの後ろにかすかに映ってるマンションは“ラヴィラ府中多摩川”と“ライオンズ聖蹟桜ヶ丘パシーナ”ですね。建物の位置から割り出した彼女が立っている場所は、桜ヶ丘公園または連光寺やすらぎ公園ではないかと…(多摩市ではなく、お隣稲城市の可能性も)。ちなみに桜ヶ丘公園はドラマのロケでも使われたことがあるそうです。

ご存知の人も多いと思うが、映画『耳をすませば』の舞台のモデルは聖蹟桜ヶ丘です。そして、『耳すま』にはJA共済が特別協賛してました。ただし、広告との因果関係については不明。今度行って確認してきましょう。

≪関連リンク≫
*東洋経済増刊号 http://www.toyokeizai.co.jp/mag/special/index.html
*JA共済 http://www.ja-kyosai.or.jp/
*桜ヶ丘公園・ゆうひの丘(eまちタウン・ロケ地ガイド)
http://www.emachi.co.jp/location/loca_detail.php?dr_id=d200607_boss&lc_id=37
*ラヴィラ府中多摩川(総合地所・竣工アルバム)
http://www.sohgohreal.co.jp/completion_album/fuchutamagawa/index.html
posted by はるまき at 22:34| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(1) | 歴史と文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは! コメント+TBいただき、ありがとうございます。ここ数年、私は年に1回 多摩ニュータウンを訪れます。こんな清潔な街区は日本に そうありませんからね。仲間さんのイメージにもピッタリでしょう(笑)。ただ、私は遠方から来る身・・・次年度に向けて、新情報も知りたいところ・・・その節には、また宜しくお願い申し上げます(笑)!
Posted by kubota_staff at 2007年10月11日 12:20
こんばんは。

>こんな清潔な街区は日本に そうありませんからね。
でも、もっといい街区があると思いますよ。例えば港北ニュータウンとか、再開発が続く豊洲とか。でもこのブログは、あまりそちらには浮気せず、ひたすら府中・多摩エリアのアイデンティティを追及していこうと考えてますので、また機会があればお越し下さい。更新ペースはスローですけど。
Posted by はるまき@管理人 at 2007年10月11日 22:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

[建築コラム 「モノ・コト」] いま 多摩ニュータウンを歩くという事
Excerpt:  先週末・・・東京 多摩ニュータウンに行きました。京王多摩センター駅で電車を降り、商業地区を通りぬけ、サンリオピューロランドの誘惑にも めげず(笑)、美しいランドスケープ(風景)が広がる多摩中央公園..
Weblog: 建築デザイナーズブログ これから家を作る人に捧げます 「For Your House」 静岡住宅設計情報 from kc2
Tracked: 2007-10-10 14:35
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。