2007年01月19日

日常のデザイン展見学ツアー

この前の日曜日、スタディツアーという位置づけで、“佐藤卓展「日常のデザイン」”を見に水戸まで行ってきました。“ほぼ日刊イトイ新聞”の連載を読んで一度行きたいと思ってたんです。で、最終日の1月14日、ようやく行く事ができました。
上野から乗ったスーパーひたち 佐藤卓展を見るためだけに水戸へ向かうスーパーひたちの車窓

午前10時の上野発スーパーひたちで約1時間。水戸駅からちょっとバスに乗って移動して市の中心街から一歩通りを入ったところにある“水戸芸術館”が会場。

水戸芸術館のシンボルタワー 展示会の看板

佐藤さんはロッテのガムとか明治牛乳などの商品をはじめ、いろいろなデザインを手がけてる人で、今回の展示の中に“デザインの解剖”というのがあったんですが、彼のデザインした商品のほか、リカちゃん人形や“写ルンです”が、どういう素材を材料にして、どんな機械でどうやって作られ、どんな工夫がされてといった事が事細かに紹介されてるのを見て、“日常はデザインの積み重ね”であるという点に改めて驚かされた次第。水戸まで行ったかいがありましたよ。

映画『耳をすませば』も、日常の暮らしの中での雫と聖司の関係を描いてますが、“日常の中にある発見や楽しみ”は佐藤さんのデザインと通じる何かがありました。で、このイベントの一環として佐藤さんがリニューアルに関わった“チョコ納豆”を500円出して買って帰り、その後家族と食べてみましたが、チョコ感の中に納豆ならではの粘っこさがあって、なかなかの味。すぐになくなってしまいました。

≪関連リンク≫
*水戸芸術館 http://www.arttowermito.or.jp/
*佐藤卓デザイン事務所 http://www.tsdo.jp/
*ほぼ日刊イトイ新聞・「日常のデザイン」佐藤卓展 第2会場
http://www.1101.com/sato_taku/index.html
*だるま食品オンラインショップ http://www.darumanatto.jp/cgi-bin/top.cgi
posted by はるまき at 00:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月21日

桜ヶ丘に住みたい人へ

有楽土地住宅販売のページ http://www.yuraku.jp/contents/topics/sakuragaoka/
で“京王桜ヶ丘分譲地”の特集をやってるのを見つけました。この近辺で多数の土地と戸建てを扱ってますが、住宅街を歩いていると、ここの“土地求む”という看板をよく見かけます。そうか、こういう事だったのか…。興味のある方はどうぞ。
posted by はるまき at 22:34| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。